ご予約は各セラピストのホームページから直接お問い合わせください。

しかし、ゲイ・バイセクシャル男性は行き難い世の中である事は事実

最近は金メダルのオリンピック選手のイアン・ソープさんがゲイ・バイセクシャル男性だとカミングアウトして、非常に大きな話題になりました。
過去に重度のうつ病になったり、非常に苦しい時期を過ごしたようですが、現在はカミングアウトされて「非常に清々しい気持ちだ」とコメントされておりました。
とても勇気のいる素晴らしい行為だったと思います。
しかし私はゲイ・バイセクシャル男性である事をカミングアウトする事に関しては大きくはオススメしません。
これは「ゲイ・バイセクシャル男性である事は恥ずかしい事ではない」という事と矛盾するかもしれません。
しかしゲイ・バイセクシャル男性のほとんどの方は、一般の異性愛者の中の社会で生活をしています。
カミングアウトしても、ゲイ・バイセクシャル男性を受け入れる社会情勢が整ってない現在、自分自身を窮地に追い込む事になりえません。
既婚している方や子供がいる方ももいらっしゃる方もいると思います。
私はそれでもいいと思います。
自分自身の事を全て人にさらけ出している人なんて、異性愛者の世界でもでもほとんどいません。

<<ゲイ・バイセクシャル男性である事は恥ずかしい事ではない
ゲイ・バイセクシャル男性の癒しの場所でありたい>>

コメントを残す

サブコンテンツ

TOP